2011年08月28日

no-title


これらを電子レンジで温めた豆乳に混ぜることによってパイナップル豆乳ローションが出来上がります。
もちろんそのままパイナップル豆乳ローションに使うのではなく、ミキサーなどで果汁にします。
気になるのは、パイナップル豆乳ローションの作り方なのですが、ローションを作るってちょっと大変そうだなと思ってしまいました。

パイナップル豆乳ローションは、大豆イソフラボンに含まれるフラボステロンとパイナップルエキスの働きがしっかり詰まったお肌に優しいローションです。
調べたところ、作れるのは、パイナップル豆乳ドリンク、あるいは、ローションだけということが分かりました。パイナップル豆乳を自分でも作れるということを聞いたので、ブログやサイトで色々と調べてみました。

パイナップル豆乳ドリンクは市販のパイナップルジュースでよかったのですが、ローションの場合は果実、あるいはパイナップルの芯を使います。
レモン果汁には皮が入らないよう、果実からのみ絞ることがパイナップル豆乳ローションのポイントです。
ブログやサイトで作り方を調べ、人気のパイナップル豆乳ローションを手作りしてみませんか。
でも、豆乳は温めすぎると、有効成分を壊してしまい、パイナップル豆乳ローションの効果が薄れてしまいますので、注意が必要ですね。
posted by 誠意@シニア at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title


パイナップル豆乳石けんは、洗った後に膜を張ることがないので、ローションなどがお肌にしっかり浸透します。
これは、古い角質や汚れた皮脂だけをパイナップル豆乳石けんが落としてくれるからなんです。
また、パイナップル豆乳石けんローションと一緒に使うことで更に効果が期待できます。
パイナップル豆乳石けんは、石けんの本来の役割でもある汚れだけを落とすことを考えて作られました。
溜まっていた汚れをしっかり洗い流してくれるのに、パイナップル豆乳石けんは肌がつっぱたり、乾燥した感じがないのが嬉しいですね。
パイナップル豆乳石けんのように泡のきめが細かくないと、毛穴の奥に入り込んでしまった汚れを落とすことができません。
ゴシゴシ洗うのではなく、パイナップル豆乳石けんの泡の弾力でマッサージするように洗うのがいいそうですよ。

パイナップル豆乳石けんは、石けんにとって重要なきめ細かな泡がポイントになっています。
また、お肌にとってゴシゴシ洗うのも良くないのですが、パイナップル豆乳石けんのきめ細かい泡であれば、汚れだけをしっかり落とすことができます。パイナップル豆乳石けんは、毛穴の奥に入り込んだ汚れまでしっかり落としてくれる石けんとして、人気を集めています。
posted by 誠意@シニア at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title


また、パイナップル豆乳石けんローションと一緒に使うことで更に効果が期待できます。
何より、パイナップル豆乳石けんは、全身だけでなく、顔に使えるのが嬉しいですね。
パイナップル豆乳石けんは、香りもフルーティーな香りが楽しめ、特に女性に喜ばれています。
また、きめが粗い石けんだと表面に膜を張ってしまうこともあるのですが、パイナップル豆乳石けんなら、不要な膜を張ることもありません。
パイナップル豆乳石けんは、洗った後に膜を張ることがないので、ローションなどがお肌にしっかり浸透します。
汚れを落とす力が高くても、必要な皮脂まで落としてしまってはお肌にとってはかえってマイナスとなってしまいます。
ゴシゴシ洗うのではなく、パイナップル豆乳石けんの泡の弾力でマッサージするように洗うのがいいそうですよ。
だから、パイナップル豆乳石けんで洗った後は、肌のくすみがなくなった、明るくなったと実感できるのです。
お肌にとって大切なことは分かっているけど、ついつい疎かにしてしまいがちなのが石けんではないでしょうか。
パイナップル豆乳石けんは、石けんの本来の役割でもある汚れだけを落とすことを考えて作られました。
posted by 誠意@シニア at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。